明智光秀とは?

本能寺の変にて主君・織田信長を討ったことで有名な明智光秀だが、軍事、政治、外交などすべて万能にこなす逸材であった。
そんな光秀の人格の背景はベールに包まれている。
光秀がどこで生まれ、どのように育ったか、その前半生は謎に包まれている。

明智光秀肖像画 イメージ画像

水色の桔梗紋 画像
桔梗紋について
明智氏の祖である土岐家が桔梗紋を使っていたこともあり、同様の家紋を採用した。
また光秀は、桔梗の花の色にちなんで水色の桔梗紋を使用。本能寺の変以降は、「裏切り者の家紋」と認識されていた時代もあるとされている。

信長家臣一の築城名人

近世城郭のモデルとなった坂本城を築城
信長家臣一の築城名人光秀。

総石垣で天守を持つ安土城のような「近世城郭」のルーツを作った織田信長だが、実は安土城に先駆けて、近世城郭のモデルとなったのが坂本城。

その坂本城の築城を任されたのが光秀であり、信長からの信頼の高さが窺える。

坂本城築城後には、丹波攻めの軍事拠点とした「亀山城」「福知山城」「周山城」の築城、「黒井城」の改修を任されるなど、光秀は近世城郭の発展の一役を担ったと思われる。

信長家臣一の築城名人 イメージ画像

鉄砲の名手

若くして鉄砲の腕前を磨き戦に活用する仕組みを作った光秀。

『明智軍記』によると、美濃から逃れてきた光秀が越前の朝倉義景に仕えた際、義景は鉄砲で数多の敵を打ち落としてきた光秀の腕前を確かめようとした。

光秀は30センチ四方の的(中央に黒星)を45メートル離れた場所から100発撃ち込み、黒星に68発、的に32発と、百発百中の成果を挙げた。

これに感心した義景は、仕えて間もない光秀に鉄砲隊を預けたと伝わる。

信長仕官後の長篠の戦いにおいては、鉄砲に注目した信長が、光秀に火縄銃と弾薬の調達を任したとも言われ、影の立役者として勝利に導いたという説もある。

一武将としての戦場での働き、外交官としての朝廷とのやり取りなど、信長は光秀に期待の意を込めて、数々の役割を与えたと思われる。

鉄砲の名手 イメージ画像

茶、連歌にも精通する文化人

文化人としての教養も。
あらゆるモノゴトに精通する光秀

信長は、茶会の開催には自分が認めた者しか権利を与えない「御茶湯御政道」という政策を取っていたため、特定の上級家臣しか催すことはできなかった。

1577年(天正5年)、松永久秀を滅亡に追い込んだ信貴山城の戦いで大きな功績を挙げた光秀に、信長が茶会の開催を許したのを機に、光秀は没頭したと伝わる。

光秀は連歌も好み、判明するだけでも生涯で50以上の連歌会を主催したり、参加したと言われている。中でも有名なのが、1577年(天正5年)4月、愛宕山で興行した千句の賦何連歌。

百韻を10回繰り返す難しいもので3日もの日数を要したが、それ以降熱心に連歌会を興行したとされている。

茶、連歌にも精通する文化人 イメージ画像

光秀の軌跡

 1528年(享禄1年)1歳
美濃国(現在の岐阜県)にて生誕

空白の時

 
 1556年(弘治2年)29歳
斎藤道三が斎藤義龍と争った長良川合戦で道三側に付いた光秀。
道三が敗死すると、明智城も攻め落とされ、越前へ逃れる。
 1568年(永禄11年)41歳
足利義昭の足軽衆として臣従。義昭が越前一乗谷から美濃岐阜へ移った後、信長が義昭を奉じて上洛。
 1570年(永禄13年/元亀1年)43歳
近江・姉川合戦や志賀の陣で功を挙げ、出世の道に乗る。
 1571年(元亀2年)44歳
光秀が中心となり比叡山延暦寺攻めを行う。
近江志賀郡を拝領し、初めての城作り、坂本城の築城を開始。義昭との主従関係を解消。
 1575年(天正3年)48歳
朝廷より「惟任日向守」を賜る。丹波攻めを信長から命ぜられる。
 1576年(天正4年)49歳
妻・煕子が病死。丹波攻めの拠点・亀山城の築城を開始。
 1578年(天正6年)51歳
娘・玉(後のガラシャ)が細川忠興に嫁す。
 1579年(天正7年)52歳
丹波と丹後の平定を完了させる。
 1580年(天正8年)53歳
丹波を拝領。
 1581年(天正9年)54歳
京都で行われたパレード『京都馬揃え』で、それまでの功績を認められ、序列3番目に並ぶ。
光秀父子が細川父子の招きで丹後の天橋立にて遊び、親睦を深める。妹の妻木が没する。
 1582年(天正年)55歳
本能寺の変を起こす。
山崎合戦で敗死し、坂本城落城。

※岐阜県内の生誕地については諸説あります。

※年号下の年齢は1528年(享禄元年)誕生説をとった場合の推定年齢です。
明智光秀の生誕年月日には諸説あります。

小和田哲男氏による解説
「光秀の虚像 誕生の地岐阜を読み解く」