6/8 とうしん講演会「明智光秀ー知られざる実像ー」が開催されました。(可児市)

令和元年6月8日(土)に、「とうしん講演会「明智光秀ー知られざる実像)」」が、可児市文化創造センター・主劇場にて開催され、およそ1,000人の来場者が聴講に訪れました。

講演は、過去に大河ドラマの時代考証を担当した経験がある、静岡大学名誉教授の小和田哲男先生を講師にお招きし、「明智光秀とは何者なのか」、「織田信長の家臣としての明智光秀の働きぶり」に焦点を当てて行われました。来場者は、織田信長の家臣としてただならぬ働きを見せた、明智光秀の知られざる側面を知るところとなりました。

協議会では、今回の講演会の講師を務められた小和田哲男先生監修のパンフレットを配布し、岐阜県の明智光秀ゆかりの地の魅力をPRしました。

チラシ

冊子表紙