6/17 2020年大河ドラマ「麒麟がくる」出演者(第3弾)が発表されました

 令和元年6月17日(月)、NHKから2020年大河ドラマ「麒麟がくる」の新たな出演者が発表されました。


 岐阜県ゆかりの人物では、光秀の正室で美濃の土豪・妻木氏の娘「熙子(ひろこ)」、守護代・斎藤道三の側室で斎藤高政(義龍)の実母「深芳野(みよしの)」、美濃三人衆と呼ばれた斎藤道三有力家臣の一人「稲葉一鉄(いなばいってつ)」、織田信秀の継室であり、信長とその弟・信勝(信行)の生母「土田御前(どたごぜん)」、明智家に仕える家臣「藤田伝吾(ふじたでんご)」等が登場することが明らかになりました。


 配役等詳しくは、以下のページをご確認ください。

 NHKホームページ https://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/2000/369252.html