11/9,10 第26回全国山城サミット可児大会が開催されました。

令和元年11月9日(土)、10日(日)に、可児市文化創造センターala(アーラ)にて、第26回全国山城サミット可児大会が開催されました。

会場では、城郭研究の第一人者である中井均氏(滋賀県立大学教授)や、お城好きラジオDJのクリス・グレン氏といったバラエティ豊かな出演者によるステージイベントや、可児市内の山城をめぐるイベントが催されました。また、全国の約50城がブース出展した「おしろ横丁」や地元の特産品や明智光秀ゆかりの地の土産物、B級グルメが集まった「まんぷく横丁」も開かれ、2日間で2万3千人の来場者が訪れました。

協議会では、会場の一角にブースを設け、会場周遊企画として京都・福井と連携した重ね捺しスタンプラリーを行ったほか、パンフレット等の配布や、来年1月11日に県内3か所(岐阜・可児・恵那)で開館する大河ドラマ館の前売り入場券の販売を行いました。これらの活動を通し、明智光秀ゆかりの地の情報発信や魅力のPRを行うことができました。ブース2.jpg

ブースパンフ設置

お土産