岐阜関ケ原古戦場記念館にて、「麒麟がくる」に登場した"平蜘蛛"を展示しています!(3/26まで)

 大河ドラマ「麒麟がくる」で、武将・松永久秀が所有する天下一の茶器"平蜘蛛"に見立て実際に撮影で使用された茶器を、令和3年2月27日(土)から、岐阜関ケ原古戦場記念館にて展示しています。
 また、岐阜市の大河ドラマ館に設置されておりました、"十五日おちつき膳"のレプリカについても併せて展示しています。
 展示の詳細は下記をご確認ください。

会期 令和3年2月27日(土)~3月26日(金)
場所

岐阜関ケ原古戦場記念館 1階 ロビー
(岐阜県不破郡関ケ原町関ケ原894-55)

※本展示物の観覧にあたっては、事前に記念館の開館時間及び休館日をご確認ください。

展示内容

(1)大河ドラマ内で"平蜘蛛"として使用された茶器

(2)"十五日おちつき膳"のレプリカ

参加費 無料(本展示物の観覧のみ)
※記念館内の季節の展示資料等を観覧する場合は、事前予約及び入館料が必要になります。
主催 岐阜県大河ドラマ「麒麟がくる」推進協議会
岐阜関ケ原
古戦場記念館HP
https://sekigahara.pref.gifu.lg.jp

光秀イラスト.jpeg